読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不完全な人ブログ

フライフィッシングについてだったり日々のつれづれについてだったり

今朝飲んだ普段の酒

最近日記をがっつりとサボっているのは忙しいからではありません。
ここ半月くらい、仕事が猛烈に暇だからです。
昨日などは、暇なのに休日出勤しなければいけませんでした。
休出しても、暇なものは暇です。
仕事が無いわけではないのです。
何もしなくても「そこにいること」が「仕事」になることもあるという不条理。
今、意識的に、思考のあるスイッチを切って過ごしているのです。

  • -

暇な仕事中の過ごし方。

  • プログラムで気になっていた部分を調べる。(自習)
  • 先日釣りに行った付近の地図を見ながら思い出に浸る。
  • Gmailの設定を頑張る。

この他に、今日は回文作りを覚えました。
同僚が暇つぶしに、と教えてくれたのです。
身内で回文ブームが巻き起こりそうです。
で、私も考えてみた。
「酒…さけ…ひっくり返すとけさ…今朝…」(何故か酒で作り始める辺りが私らしくてこの時点でやや自己満足気味)
けさ**さけ
今朝**酒
「酒と来れば、飲む…飲んだ…今朝飲んだ…回文だから、飲んだをひっくり返して…だんの」
けさのんだ*だんのさけ
今朝飲んだ*だんの酒
おっと。完成が近そうだ。
「あとは…*だんに当てはまる単語を作ればいいのか。…だん…かだん…花壇の酒…変だ…余談の酒…これも変…魔弾*1の酒…意味不明…件(くだん)の酒…んー。件の、ってのがちょっと文語的。だけど意味は通っているから良いか」
【今朝飲んだ件の酒(けさのんだくだんのさけ)】
私の回文処女作。
その後、件の、がどうしても気になったのでその後アレコレ考えて修正。
【今朝飲んだ普段の酒(けさのんだふだんのさけ)】
こっちの方が一般的なので採用。
ただ、教えてくれた人曰く、回文はどんなに考えて作っても、既に他の誰かが先に作ってしまっていることが多いとのこと。実際、私が作ったものも、この通り。google:今朝飲んだ普段の酒
世の中には回文ファンがいるようですね。
オヤジギャグみたいなものです。(大抵のオヤジギャグは既に他の誰かに考えられていることが多いと思う)
まあ、新しい価値を創造したいわけでもなし、と気楽にもう一文。
【猿と悟るさ(さるとさとるさ)】
with monkeyなのかit's a monkeyなのか。日本語の曖昧さが抜群によく表れています。
主語が無い分、いろんな読み方が出来そうです。I'm a monkeyかもしれませんし、We're monkeysかもしれません。我々は所詮猿だと悟ったって良いじゃないですか。
また、悟るさ、という投げ遣りさによって、この一文が更に味わい深いものとなって…(以下自画自賛のため略)。
つまりは、こんなことをして時間を潰しましたというお話。

  • -

暇な時ほど、日記を書かなくなるという傾向。
帰宅してもPCの電源を入れない日も多いくらい。
未来の自分のために、遡って大切なことだけ記録しなくちゃね。

  • -

Yahooのトップがピンクに変わっていて思いだす。
あぁ。ピンクリボン*2の季節だ。

*1:そういうタイトルの曲があった

*2:http://pinkribbon.yahoo.co.jp/