読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不完全な人ブログ

フライフィッシングについてだったり日々のつれづれについてだったり

旅行らしい旅行に行ってみるツアーin長野 渋温泉(1)

温泉

普段よく釣りに行く釣り部メンバー。
車での移動だと旅行感がなくなる(byドライバーS氏&W氏)とのことで、今回は電車で、もちろん釣り無しで長野の渋温泉に行ってきました。
ここは外湯温泉巡りが出来る非常に素敵な温泉街があるのですが、それだけでなく温泉街自体が非常に熱心に観光に対して取り組んでいるところでした。

  • -

出発は上野駅。お弁当やつまみや酒を買って、ご機嫌で新幹線に乗り込み、早速乾杯♪
こういうことは車じゃなかなか出来ない楽しみですね。
まあこの後、この旅は何かある毎に酒を飲む飲んだくれツアーになってしまった訳なのですが。まあそれも良し。
そうこうしているうちに長野駅到着。
とりあえず長野と言えば善光寺なので、早速向かってみることに。

途中でアメリカにいるホリー氏にiPhoneからSkypeで中継してみたりしているうちに善光寺到着。

ほほー。そのまましばらく善光寺付近を散策。帰りには軽く蕎麦を一杯。
それから善光寺の参道のお土産やで気が済むまで試食。
満足したところで、再びお酒を追加購入して渋温泉に向かって移動。長野電鉄の特急に乗ったのですが、その特急が今年いっぱいで引退するせいか、なんだか鉄ちゃんが多い。気分良くレッドアイ(缶ビールとトマトジュースを割りました)を飲みつつ、車窓の景色を眺めていると、ビューポイントと思しき場所に結構な人数の鉄道ファンがごついカメラを構えていてびびったり。
そうこうしているうちに渋温泉に到着〜。
泊まった宿は一乃湯 果亭(音が出ます)というところで、なかなか雰囲気の良い宿でした。お部屋にある掘りごたつが素敵でした。
ここは温泉街のほぼ真ん中だったため、9つあるという外湯を回るのに非常に便利。
また、ここの外湯をすべて回り最後に薬師堂にお参りすると厄除けになるとか。私(本厄)、G嬢C嬢(前厄)の厄年トリオ的には是非すべて回らねば!という気持ちに。

まずは夕ご飯の前にいくつか外湯巡りをし、おなかを空かせてお待ちかねの夕ご飯へ。
で、その肝心の夕ご飯の写真はありません。気がついたら食べ終わってたので。
地ビールで乾杯し、満足しました。締めの舞茸ご飯が美味しかったです。
その後内湯(ここも源泉掛け流し。素敵!)に入り、再び散策。

千と千尋のモデルにもなった?といわれる老舗の旅館金具屋の写真も撮ってみたり。
カードゲーム(お邪魔者)に興じてみたり、宿の露天風呂(温度が素晴らしくていつまででも入っていられるという)に入ってみたり、本を読んでみたりしているうちに夜も更けて就寝。